総量規制, 貸金

貸金で総量規制にひっかかったときの体験談

以前、消費者金融のカードローンを申し込みしてお金を借りたことが在ります。また、5万借りることもあります。

カードローンは返済を行う事で繰り返しお金を借りる事が出来る便利なローンと言う事からも、現在も必要になった時にお金を借りて便利に使い続けていますが、消費者金融でお金を借りた時に、総量規制と言う規制に引っかかったことが在ります。
消費者金融は貸金業者とも呼ばれている金融業者で、貸金業者には総量規制と言う規制が設けられていると言う事でした。

何も知らずに借りた事で規制にひっかかり、希望額を借り入れることが出来なかった事、そして必要書類を準備していなかったので、契約完了までに時間を要してしまいました。

年収の3分の1未満での貸し付け、50万円を超える希望額の場合は収入証明書類が必要などが、主な規制内容になるのですが、これらの事を知らずに、お金を借りる時には多い方が金利は低くなるだろうと言事からも、年収の3分の1を超える額で申し込みをしてしまいました。

また、年収の3分の1を超える額は、50万円を遥かに超える額でもあり、収入証明書類の提出が必要になる事も知らずに申し込みをしたなどの理由から、時間を要してしまいました。

但し、審査結果が知らされた時に、年収の3分の1未満での融資が可能になった事、そして後から収入証明書を提出して審査結果を知らされたと言う事で、消費者金融のカードローンの契約を交わすことが出来ましたが、貸金業者には総量規制が在るので事前に調べておくことがスピーディーな対応をして貰えるコツだと感じたのです。