総量規制, 銀行

銀行ローンなら総量規制がない為収入証明書の提出が要らない

総量規制は、一般的に多重債務者とよばれるお金を借り過ぎで返済に苦慮している人や貸金業者の過剰な貸付を防止する為に原則として借入総額を収入の3分の1に規制する法律です。この規制は、平成18年12月の貸金業法改正により段階的に施行され,平成22年6月18日に現在の様に完全施行されています。この規制は、消費者金融業者や事業者金融業者、クレジットカードなどの情報信販会社等のいわゆる貸金業者からの借入が対象となります。しかし、クレジットカードのキャッシング枠は対象となりますが、ショッピング枠は貸金業法の規制の対象外なので年収の3分の1を超える借入れがある場合でも問題無いとされています。又、多重債務者が、銀行などの金融機関で多重債務を1つにまとめるおまとめローン審査は、貸金業者からの借入では無いので総量規制の対象にはならない除外貸付です。その為、銀行が融資する年収の3分の1を超える借入となる住宅ローンや自動車担保ローン、有価証券担保ローン、高額療養費ローンなども規制の対象とならない除外の貸付とされています。収入の無い専業主婦などが借入をする場合には、配偶者の同意書と配偶者との夫婦関係が証明できる書類の提出が必要とされ、配偶者貸付が認められた場合には配偶者の年収の3分の1以下の借入れが可能となります。しかし、多重債務者を減少させる為の条例ですが、総量規制が完全施行された事で収入の無い専業主婦などが新しく借入が出来ず、ヤミ金で借入を行う多重債務者が増えているのも現実です。